Murakami_Harukiそれは決まっていることなんだよ。僕は一度もそれを疑ったことはない。君は僕とねるんだよ、最初からそう思っていた。でも最初の時はそれができなかった。そうするのが不適当だったからだよ。

Geef een antwoord

Het e-mailadres wordt niet gepubliceerd.